オンラインパパ活

オンラインでお酒を一緒に飲むだけでお金が発生する楽しさ
オンラインパパ活が結構精神的にきつかった。
話長い・・・ずっと「はい・・・はい・・・そうですよね・・・わ~すごい~・・・へーそうなんですかー・・・やっぱりすごいんですね~」という相槌。
おっさんって話しながいよね。
実際どこかで会うのであれば、人目もあるし、色んな視覚的な変化も楽しめて、退屈だとしても何かしらの気晴らしができる。
喫茶店とかファミレスとかだったら、他のカップルとか家族連れの会話を盗み聞きしたり、観察したりして楽しめるし。
だけど、オンラインパパ活の場合は、視覚的な変化がなくてつまらないんだよね。
おっさんの顔見続けるのもどうかと思って、自分の顔ばっかり見てた。
眉毛の手入れをそろそろしないといけないな~とか、やっぱり二重をもっとくっきりハッキリさせた方がいいかな~とか。
その間オッサン、ずっと話してた。最初は学生時代の武勇伝、それから職場の上司が恋愛沙汰で人生落後した話。
自分がどうやって仕事で成功したのかという精神論。
昔、パパ活の女の子の夢を応援してあげて、その子が今立派に海外で活躍してる話などなど。
ざっと三時間は話し続けてたね。
オンラインパパ活って女側からしたら苦行かもしれない。
必殺技のキスで口をふさぐという手が使えない・・・。
おっさんにとって気持ちいいのって、セックスと自分語り、どっち?
オンラインパパ活も自分語りさせて気持ち良くさせて、それでお金をもらうわけだけど・・・
女にとっては、ぶっちゃけセックスしちゃった方がラク・・・。
パパ活アプリ
コロナ失業で援交